司法試験受験生の冒険の書

RPG風味です。司法試験合格を目指して・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

刑法における身分犯の自説

2007'03.24 (Sat)

論文において

判例・通説をとるのか、自分の理解しやすい説をとるのか・・・

悩むところです。

やはり、権威のある判例・通説をとりたいのですが

刑法の65条の身分犯の連帯性・個別性の論点は

私の勉強してきた歴史としては

団藤少数説を取らざるをえない気がします。

私は行為無価値論をとっていますが、

換言すれば

実行行為概念の絶対性にこだわる説

です。

ここだけ、判例・通説をとるのもいちよう可能なんですが

そうなれば

真成身分犯の共同正犯を認めることになってしまう。

真正身分犯にいくら非身分者が共同正犯と認定できるくらい身分者に加攻しても

やはり、非身分者は身分者の規反を犯しえない

と考えるのがすごい素直

もちろん、弁解的な理由を付せば、ここだけ判例・通説をとるのも

整合性は保てる

しかし

自分の頭の刑法体系の整合性が崩壊してしまう

身分犯のところだけ

頭の中を切り替えて。。。

というのは未熟な私はまだできないです・・・

それならば、判例・通説を批判するというのをあえてしてでも

少数説を取ったほうが全然楽です。

もちろん、この論点は超重要基本論点なので

批判は出来るようにしておく必要はあるので、労力はかかりません。

刑法は本当に論理的一貫性が要求される気がします!




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

ゆっきー

Author:ゆっきー
H20年度未修入学
何とか論文を書けるようになるという目標をクリア。
初心の気持ちで基礎を徹底することを目標に頑張っております。
詳細はブログの運営方針に書いてます☆
法律の勉強を迷いながらもしているので、勉強法や記事にアドバイスや批判を書いていただけると嬉しいです☆
勉強中は欲を捨てて、メリハリのつけた効率の良い勉強を目指しています☆
リンクはフリーです☆
司法試験受験生ブログをお持ちの方は相互リンクしていただけると幸いです。
勉強暦
大学3年 LEC入門講座(以下岩崎先生) 先生の話に楽しみつつ法律と馴染む
大学4年~卒業1年 論基礎・択基礎 記憶主義になってわかんなくなり崩壊寸前
卒業二年 論理性の大切さに気づかされて論理の習得の努力をする・法律の情熱があまり沸かず法律の勉強から遠ざかる
未修一年 予備校本から基本書・判例百選・過去問を軸に変える・論文が書けないという悩みを克服
未修二年 授業・ゼミを中心に過去問をかじりつつ論文対策中心の勉強へ とにかく授業・ゼミがめちゃめちゃ多かった
未修三年 新司法試験対策を中心にゼミをたくさん
卒業一年 H23新司法試験受験 択一はぎりぎり合格 論文不合格
卒業二年 H24新司法試験受験 選択科目変更 問題がたくさん解けるようになり択一やらず好き勝手勉強したら 択一最低 総合成績最低・・、どうすんのどうすんの私。。
卒業三年 H25新司法試験最終合格

カウンター

最近の記事+コメント

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


資格ランキング

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ

FC2ブログランキング

楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。