司法試験受験生の冒険の書

RPG風味です。司法試験合格を目指して・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

適性試験対策4 読解の論理の伸ばし方3

2007'12.13 (Thu)

 意外に書き出すとあれもこれもとなり、なかなか進みませんね(>o<")論理的にむちゃくちゃだったり、表現がいびつだったり、誤字があるかもしれませんが、スピード優先で書いていきたいと思います。

 では、以前あげた方法について順番に説明をしていきます。

1 まず、過去問を一年分解く。
 これで、自分と適性試験読解の相性を感じてみる必要があります。今年のDNCのもの一年分で十分です。それで、解答のプロセスを見て、明確な根拠で肢を選べたかを見つつ採点してみてください。今年はかなり高得点が取れる人は取れるのでいきなりそのような場合は直前に過去問を回したり、弱点を補強するだけでもいいかもしれません。何となく高得点だった人はかなり注意が必要です。明確な根拠を持って肢を選べないと、本試験の点数が低くなる場合がありますので、対策をしっかりとやった方がいいかなと思います。

 2 次に、565を読む。
 
 兵卒さんに教えていただいた名著565です。兵卒さんはこれだけで、現代文で高得点を取られたそうです。私自身実際にやりましたが、一番最初にやるべきだったと後悔しました。かなり、いかがわしいかもしれませんが、素直に線を引いてやってみてください。すぐに線を引かなくてもよくなりますよ。

これを使うことによって、接続詞や助詞など品詞に注意が向けられるようになり、ひいては、論理的な読みができるようになります。私は何度も読み復習し、直前もよく見て使い古しました。

 3 DNC過去問を565の形式に沿って解いていく

 565を一周したら、その形式を用いつつDNC過去問を解いてみてください。すんなりあてはめられないところも多々ありますが、かなり自分の力がついていると実感するはずです。これと実務教育出版のガイドブックの解説とあわせ読めばかなり力がついてくると思います。
 

 (4 システム現代文(ベーシック→バイブル→センター)を解き、また過去問で実践する。)
これは、微妙です。出口は相性があり、さらに大学入試現代文に特化しすぎているので、ストレートに当てはめれないところが多いです。ただ、やったら力になります。565、過去問をやってみてあんまり点数伸びないと感じたらベーシック・バイブル編はぜひやってほしいです。現代文の印象が変わると思います。


 5 船口の二冊を解き、過去問をやる

 船口さんの本はぜひやってほしいです。特に決める~という本は目から鱗です。ややテクニックチックですが、これは個人的には論理の秘訣を教えてくれていると思っています。
速読についてはJLF対策になりますが、やや補足的です。やらなくてもいい気もします。


6 ひたすらDNC JLFの過去問を解いていざ本番

 最後はやはりひたすら過去問です。とにかく何回も解いて、なぜそこにいきつくか、なんでこの解答かを時間の許す限り考えてください。ただ考えすぎてもショートしてしまうので、勉強時間を区切りここまでひたすら考えようという感じがいいと思います。私は書店が近かったので、他の過去問本の解答も読んで参考にしていました。友人に聞くことはほとんどなかったです。読解については実際聞いてみても微妙に納得いかなかったです。ですので、あまり時間をかけすぎないようにするのも注意です。

 JLFはこの段階で過去問に手を付ければいいと思います。DNCは論理を丁寧に読むという形式なんですが、JLFはある程度論理を無視してでもとにかく自分の最大限のスピードで読まないと時間が足らないという形式です。それで前後をぱらぱらと見て解くという形式ですので、従来の国語の解き方と似ています。それですら、論理を追う勉強は力になると感じました。点数は実際伸びましたので。
 
 ちなみに今年のDNCとJLFはまったく別のもののように感じました(>_<")
それなので、論理を丁寧に追っていける土台ができないときにこれをやると完全に自信をなくし、わけがわからなくなります。

 注意なのですが、形式が今年と同じならばJLFの二週間後にDNCがあります。ですので、JLFに特化した対策をするために速読をして、そのようなJLF感覚でDNCを速読で解いてしまうことがありますので注意してください。このようにするとJLFも微妙、さらにDNCも微妙という最悪なことが起こる可能性が有ります。DNCが基調、JLFは応用と考えてた方が個人的にはいい気がします。試験順序が逆だったらいいのになぁ・・・

 言い忘れましたが、この定義集もオススメです。絶対購入するべき!と言いたい所ですが、不可欠かというとやや???です。相対的、概念、観念、想念の意味がはっきりと言えない人はぜひ購入されるといいと思います。隠れたバイブルです。辞書的に使ってみてください。ちなみに、概念についてこれで説明してみます。概は大まかなという意味。念は考え方という意味。だから概念はおおまかな考え方。だからもともとはっきりとわかるものではなくひどく曖昧なんだ。こんな感じです。このように定義をはっきりさせていく読み方は司法試験でも重要ですよね。amazonの中古で買えば激安ですよ。

 
早わかり入試頻出評論用語 (中継新書)早わかり入試頻出評論用語 (中継新書)
(1997/08)
出口 汪、横山 雅彦 他

商品詳細を見る


と大まかにはこんな感じです。今日はここまでにして次は1部対策について書いていきます。
スポンサーサイト

コメント

突然申し訳ありません。
名著565とは 正式名称は何でしょうか?
よろしければ教えてください。

565とは
ゴロゴ板野の現代文解法565(ゴロゴ)パターン集
です^^
適性試験総括関連のどこかの記事にアマゾンのリンクもはってあるのでぜひ参照ください^^

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

ゆっきー

Author:ゆっきー
H20年度未修入学
何とか論文を書けるようになるという目標をクリア。
初心の気持ちで基礎を徹底することを目標に頑張っております。
詳細はブログの運営方針に書いてます☆
法律の勉強を迷いながらもしているので、勉強法や記事にアドバイスや批判を書いていただけると嬉しいです☆
勉強中は欲を捨てて、メリハリのつけた効率の良い勉強を目指しています☆
リンクはフリーです☆
司法試験受験生ブログをお持ちの方は相互リンクしていただけると幸いです。
勉強暦
大学3年 LEC入門講座(以下岩崎先生) 先生の話に楽しみつつ法律と馴染む
大学4年~卒業1年 論基礎・択基礎 記憶主義になってわかんなくなり崩壊寸前
卒業二年 論理性の大切さに気づかされて論理の習得の努力をする・法律の情熱があまり沸かず法律の勉強から遠ざかる
未修一年 予備校本から基本書・判例百選・過去問を軸に変える・論文が書けないという悩みを克服
未修二年 授業・ゼミを中心に過去問をかじりつつ論文対策中心の勉強へ とにかく授業・ゼミがめちゃめちゃ多かった
未修三年 新司法試験対策を中心にゼミをたくさん
卒業一年 H23新司法試験受験 択一はぎりぎり合格 論文不合格
卒業二年 H24新司法試験受験 選択科目変更 問題がたくさん解けるようになり択一やらず好き勝手勉強したら 択一最低 総合成績最低・・、どうすんのどうすんの私。。
卒業三年 H25新司法試験最終合格

カウンター

最近の記事+コメント

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


資格ランキング

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ

FC2ブログランキング

楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。