司法試験受験生の冒険の書

RPG風味です。司法試験合格を目指して・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とにかく謙虚に過ごすこと

2009'09.27 (Sun)

 今日はとても凹むことがありました。
 いや、誰かにマイナスのことを言われたというわけでもないんですが、ちょっと思うように結果が出なかったことがあって凹みました。

 最近幾分か調子に乗っているなと思うことがありました。勉強面です。
 ある程度伸びている実感も会ったし、このままいくといけそうだなぁとおもわせてくれたり、また、思いのほか勉強の処理が早くなったりして。

 ちょうどそのときにこの事件が私を思い悩ましてくれた。
 なんというか、ある意味運命に感謝です。そのような結果を純粋に受け止め、そして、そのメッセージを感じ取らねばならないなと感じました。

 とここまで、このブログという特性上ぼやかしぼやかしで書いています。
 とにかく、物凄い凹まされました。

 それで

 思ったことがありました。

 それは結局というかやっぱりというか

 謙虚に勉強しよう

 ということです。

 前回は、謙虚にコツコツ愚直に毎日朝から夜まで勉強をやっていこうという趣旨で書きました。つまり、毎日しっかりと勉強していこうという気持ちで書きました。
 今度はよりつっこんで勉強面、それに付随する勉強態度について謙虚にやっていこう、そういう風に思いました。

 やっぱり、合格者、先生など先人ってのは偉大で、その反面、学生の私ってのは本当にまだまだなんですよ。
 何をいまさらって感じですが。

 でも、その合格すらしていない私ですら思ってしまうことがあります。

・勉強の進んでないと思っている人の指摘をあまり吟味せずに流したり、マイナスの推定を働かせたり。

・答案で楽をしようとして適当に書いてしまったり

・結果が出ないのをシステムが変だからと言ってみたり

 こんなこと平気で思ってしまいます。でも、だめなんですよ。
受かってもないくせに何を調子に乗っているんだと思いなおすべきです。

とにかく大事なのは

「謙虚」

を徹底することだなと感じます。

「謙虚」に自分はできてない推定をはたらかせ何となくで話さずわからなくなったらすぐ自分の基本書で定義・趣旨・事案処理等を確認する。

「謙虚」に三段論法を徹底して事実と向き合う

「謙虚」に要件を事実にあてはめ評価していく

「謙虚」に答案を書き一文字一文字と向き合っていく

「謙虚」に法解釈をする。

「謙虚」に事案で悩みその過程を不十分ながらも表現する

「謙虚」に友人の話を聞き調子に乗らない

「謙虚」に結果を受け止め、今の自分に何が足りていないのか正確に把握する。

「謙虚」に他の受験生と向き合う

ある意味で、この一年半で自信をつけて新司法試験と戦っていかなけれなばならない。
そうする反面、どうしても調子にのりがちで「謙虚」さというものが失われる。

そうなると、聞く耳を持たなくなり成長しなくなる。

結局受験生や周りのロー生なんてどっこいどっこいなんだなぁと感じます。
いくらちょっとできてるように感じたって、できてないように感じたって、実務家からしたらどんぐりの背比べなんじゃないかなぁって。

そんな中で、どんぐりが他のどんぐりを笑ってるのを見たら実務家だったらどう思うんだろう。
実務家登用試験である司法試験の答案を見て、ぜひ実務の世界にいらっしゃい、と答案を見て思ってくれるんだろうか。

だからこそ、「謙虚」さや素直さというものを試験の前日、試験の数秒まで大切にしていきたいなと。

「謙虚」になる利点というのは多くの聞く耳を持てる。
そこに丁寧さや徹底さと言うものが不十分ながらも産まれてくる。

すぐではないがまた一年半もあるので忘れてしまうときもあるかもしれません。
そんな中で、この記事を備忘録代わりに記し、また見返したいなと思います。
スポンサーサイト

後一年半くらいしかないんだから

2009'09.13 (Sun)

 それくらいは、新司法試験のことばっかり考えてもありなんじゃないかなぁって思います。

 もう遠くない未来に新司法試験がある。

合格発表

2009'09.11 (Fri)

久しぶりに携帯からの投稿です。

今日は合格発表でしたね。
私のローは奮闘したと思ってます。

合格された方ほんとうにおめでとうございます。

私も後二年後には発表を迎えてるんですよね。
なんかわかんないですが、とにかく試験終わって発表まで変わらず焦らずおごらず謙虚に条文を大切に基本書・百選を読んで勉強して発表を迎えられたらと思いました。

来年は合格した興奮を想像できるように(そうして、それをモチベーションとして勉強に活かすたもに)合格発表を掲示板を見に行こうと画策中です。


答案も勉強も愚直に謙虚にやっていこうと思う今日この頃です。

論文

2009'09.07 (Mon)

 論文を書くゼミにおいて、

 とにかく何にもみないで理解を試そう。

 そんな気持ちで論文を書いてきました。

 前は、何かを見ながらじゃないとかけなかったので、

 現場ではどのように論文を書いてくことになるか

 を意識して、過度に長い規範を避け、現場思考を重視した論文作成を心がけてきました。

 だいぶ、その感覚をつかめてきたので、そろそろ次の段階に移らなきゃなぁと思います。
 
 その段階とは、

 いかに、正確な基本的知識を正しく伝えるか

 このような観点を意識して論文を書いていきたいと思います。

 今までは、現場思考を意識したゆえ、多少の正確性は欠いていました。

 その分、現場でどうかけるか、記憶をどう使うか、その場の論理構成を大事にしてきました。

 そのような勉強を続けてきて、現場感覚がある程度わかってきた今、

 今度は

 合格答案

 を意識し、基本的な知識を正確にした読みやすい論文

 そのようなものを書いていける訓練ができたらなと思います。

 具体的にはワンセンテンスワンテーマ、読みやすい字で書く。単文を重視。おかしな文を作らない。いろいろありますが、形式面にもこだわっていきたいです。

 | HOME | 

プロフィール

ゆっきー

Author:ゆっきー
H20年度未修入学
何とか論文を書けるようになるという目標をクリア。
初心の気持ちで基礎を徹底することを目標に頑張っております。
詳細はブログの運営方針に書いてます☆
法律の勉強を迷いながらもしているので、勉強法や記事にアドバイスや批判を書いていただけると嬉しいです☆
勉強中は欲を捨てて、メリハリのつけた効率の良い勉強を目指しています☆
リンクはフリーです☆
司法試験受験生ブログをお持ちの方は相互リンクしていただけると幸いです。
勉強暦
大学3年 LEC入門講座(以下岩崎先生) 先生の話に楽しみつつ法律と馴染む
大学4年~卒業1年 論基礎・択基礎 記憶主義になってわかんなくなり崩壊寸前
卒業二年 論理性の大切さに気づかされて論理の習得の努力をする・法律の情熱があまり沸かず法律の勉強から遠ざかる
未修一年 予備校本から基本書・判例百選・過去問を軸に変える・論文が書けないという悩みを克服
未修二年 授業・ゼミを中心に過去問をかじりつつ論文対策中心の勉強へ とにかく授業・ゼミがめちゃめちゃ多かった
未修三年 新司法試験対策を中心にゼミをたくさん
卒業一年 H23新司法試験受験 択一はぎりぎり合格 論文不合格
卒業二年 H24新司法試験受験 選択科目変更 問題がたくさん解けるようになり択一やらず好き勝手勉強したら 択一最低 総合成績最低・・、どうすんのどうすんの私。。
卒業三年 H25新司法試験最終合格

カウンター

最近の記事+コメント

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2009年09月 | 10月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


資格ランキング

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ

FC2ブログランキング

楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。