司法試験受験生の冒険の書

RPG風味です。司法試験合格を目指して・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新司法試験民法短答 雑感

2008'12.26 (Fri)

 新司法試験の民法をやってみた雑感ですが、非常に解きやすいと感じました。

 難易度もそこまで高いものではなくとにかく素直。新司法試験考査委員が何を必要と求めているかが非常にわかりやすいと感じます。

 時間もかからず、量も少ないので、あまり時間をかけず淡々とやりたいです。

 憲法や、刑法も早めに試して旧試との違いを意識しなければと思いました。

 まずはテスト科目からつぶしていこうと思います。
スポンサーサイト

手形は素直

2008'12.23 (Tue)

手形を再び勉強していて感じますが、とても素直な法律だなと感じます。

取引の安全側に傾き、厳格文言性を重視したり、

具体的妥当性はともかく、判例の立場を追うならばとても射程・予測がわかりやすい。

勉強しやすい法律の基礎的な科目に思えてきます。

以前、法律の論文の書き方本でなぜか手形から進めていて、なんでこんな法から!

と駄々をこねていましたが、いまなら上三法よりみんな勉強していない科目であり

基礎的なことしかきかれない手形を論文の書き方を教えるのに初めに持ってくるというのはうってつけだなと感じます。

すぐ忘れてる

2008'12.23 (Tue)

 今日は民訴や刑法で悔しい思いをしました。

 ちょっと前にやったことなのに全く忘れている。

 民訴いかに自分の知識が乏しいかよく思い知らされました。

 冬休みはガチで戦いにいきます。

行政法入門はかなりアツい

2008'12.21 (Sun)

行政法入門をamazonで安く買って、検証してみました・・・

その結果・・・・

すごいわかりやすい!しかもかなり簡単に読める!ページも薄いなのにわかる!

これで、命令的行政行為と形成的行政行為の違いがやっとわかった気がします。

合間合間に読んで、もう半分くらい読みました。よい本だと思います。

親族相続について何か基本書を読めたらと若干悩んでたんですが、Sくらいで足りうるというご指摘をいただいたので、

親族相続に時間を使うのもあれなので合間に読んでいきたいと思います。

行政法入門行政法入門
(2006/11)
藤田 宙靖

商品詳細を見る

択一一年生

2008'12.13 (Sat)

旧試択一を本格的に解いてみたのですが

かなり難しいですね。

ただゴリゴリ解いていくのもありですが、やはりいかに必要な知識と細かすぎる知識を振り分けたいです。

ただまだその基準がまったくわかりません。ある程度ゴリゴリ解かざるをえないですね。

択一対策はまだ一年生だなと感じます。旧試択一の特殊性をなめていました。

論文だって書けるようになるまでに紆余曲折があったので頑張ってきます。

今旧試の定期テストの分野をやる必要があるのでそれをやりつつ、春に新司の過去問を回して、両者の差異を明確にしつつ、効率よく旧試を新司に取り入れていけたらと思いました。

論文の次の目標

2008'12.13 (Sat)

 前回論文が書けるようになってきたなる記事を書きました。

 しかし、それは少し論理や書き方がわかってきた。たぶんこのまま無事勉強を続けていけば本試験でも大筋はある程度かけるだろう。

 という感じです。個人的にはGからC,Dレベルに入りかけているという感じです。

 そして、やはりA答案レベルを狙っていきたいと思います。そうなるとさらなる飛躍が求められるのではと感じます。

 それは合格答案の分析などはもちろんやる予定なのですが、

 その前にこれからのしばらくの目標としては

1 大筋を把握しつつ、ポイントとなる勝負ところの理解

2 やはりさらなる基礎力の徹底、とにかくドーナツの円を作らないように見るのは内、新しいことをやるよりとにかく基礎的な論理の飛躍の徹底。→普段の論文の勉強、基本書を読む点で意識

 という感じです。まだはっきりとしたイメージは固まらないのですが、とにかくまだまだでやっと勝負できる土俵に入らせていただいたという感じです。

 とにかくより精進していきます。私の中では択一の勉強がよりシナジーとして生きるのではとはくどいですが感じています。

 またイメージが固まってきたら記事書きます。

行政法について

2008'12.09 (Tue)

行政法を大学院に入って初めて本格的に勉強した行政法ですが、

思ったより深い!と思いハッとさせられています。

軸は塩野先生を辞書に桜井・橋本先生を最後まで使うという感じです。

行政法行政法
(2007/03/16)
櫻井 敬子橋本 博之

商品詳細を見る
行政法〈1〉行政法総論行政法〈1〉行政法総論
(2005/03)
塩野 宏

商品詳細を見る
行政法〈2〉行政救済法行政法〈2〉行政救済法
(2005/07)
塩野 宏

商品詳細を見る


公定力というものは行政法を勉強するときにぶち当たる最初の壁らしいです。

私も軽く勉強した程度の理解においては、公定力とは有効性の推定というイメージというか、

一度行政行為をした以上は適法と推定するくらいのイメージしかなかったのですが、通説の理解は全く違うのですね。

深さを知り楽しさを覚えました。取消訴訟の排他的管轄というがここまで深い言葉だとは・・・

そんな感じで

行政法もなめてはいけない

と勝手に思い直しました笑

ただ、塩野先生は読めば読むほど理解が深まるし、桜井先生の本は非常にわかりやすいので非常に勉強がしやすいです。

さらに読みたい本があるので紹介しておきます。行政法は個人的に教材がそろっているような気がするのでかなり楽ではとも思っています。

行政法のエッセンス行政法のエッセンス
(2007/10)
櫻井 敬子

商品詳細を見る


行政法の入門本です。桜井先生の記述は非常に読みやすくしかも最後まで使えるので論文対策としてさらに普段の勉強の一助としてどこかでさくっと読みたいです。

行政救済法行政救済法
(2007/11/22)
高木 光櫻井敬子

商品詳細を見る


密かに狙っている本がこれです。上記の理由とかなりかぶりますが。コンメンタールでしかも条文も列挙しているので択一六法代わりになるのではと勝手に思っています。

行政法入門行政法入門
(2006/11)
藤田 宙靖

商品詳細を見る


かなり名著な予感がしてならない行政法の入門本でありながら司法試験に必要十分の知識が詰まっている本らしいです。いつかは目を通してその真価を確かめたいです。

今日

2008'12.08 (Mon)

 久しぶりに一日休みました。

 繁華街を回ってショッピングをしてきました。

 なかなか買いに行く時間がない分今しか買えないと財布のひもも緩んでしまうなと感じました。
 
 それでもいろいろ素敵なものがとても安く買えたのでよかったです。

 ところで、実務家の方とのお話で

 基本書3回読んでわからないと言うけど0が一個足りないんじゃないとみんなで話しているよ

 とお話しされていました。

 やはり旧試というのは意識が非常に高くないと通らない試験ではと思いました。

 やろうと思えばできるもんだ

 という趣旨のことをお話しされていました。

 もっともだなと感じます。私も意識を高くして

 これくらいできなきゃどうする、やろうと思えばできるもんだ

 という精神で頑張っていきたいなと思いなおしました。

 明日から一週間頑張ります☆

レイトン教授と適性試験

2008'12.06 (Sat)

 先に大まじめな記事を書いた後に恐縮ですが、私的日記です。

 年末に近づき、テストやレポートなど課題が増えてきました。

 そんな中体調を崩してしまいました。こういうときどれを優先させてどれを効率よく最低限こなすべきか大事になってきますね。

 いつも論文を3通毎週書くのですが、今回はどうやって言い訳して休もうかをひたすら考えてしまっていましたが、

 なんとかこなすことができました。甘い論文になってしまいましたが・・・・。

 やはりまだ追い込みすぎて逆に効率を悪くして体調不良を巻き起こす癖があるみたいですね。

 やはり休み下手だなと自分で感じます。じっとしているのが苦手です。

 そんな中久しぶりに気を緩めてレイトン教授と悪魔の箱というのを家にあったのでやってみました。

 嘘つき問題とか適性試験で対策したなぁと懐かしい気持ちになりつつ楽しみました。

 こういうのは対策になるかと聞かれたらやっぱりなりませんが導入にはいいかもしれません。

 逆に対策をした後に受験後にやってみると理詰めで解く問題などにははまりますよ。きっと。

 久しぶりの日記テイストの記事でした。引き続きがんばっていきます。

レイトン教授と不思議な町 フレンドリー版レイトン教授と不思議な町 フレンドリー版
(2008/10/23)
Nintendo DS

商品詳細を見る
レイトン教授と悪魔の箱(特典無し)レイトン教授と悪魔の箱(特典無し)
(2007/11/29)
Nintendo DS

商品詳細を見る
レイトン教授と最後の時間旅行(特典無し)レイトン教授と最後の時間旅行(特典無し)
(2008/11/27)
Nintendo DS

商品詳細を見る

ネクスト ステージ

2008'12.05 (Fri)

論文の勉強が実務家の方のご指導のおかげである程度軌道にのってきました。

大体どういうものが問われているかわかった気がします。

といっても問われているのは趣旨原理原則要件効果あてはめ評価です。基本的な。

一年前にそれに気付いたのですがやる気がガス欠してまして、それがやっと今みんなのおかげで実証できました。

ということで司法試験を初めてずっと悩んでいた
論文が書けない
という悩みはほぼ解消できました。
結局記憶に頼り、そして、拘泥していたということが原因でした。
大きな壁を超えたということでしょうか。

これからは深い理解や細かい知識をする勉強を論文のウェイトをちょっとだけ下げて取り入れていきたいと思います。

もともと論文で必要な知識は択一の知識より狭い。
それゆえ、択一の知識は論文の知識を包含するという自分の意識があるので、論文の勉強のためにも日々の択一をやらねばと思ってました。

軸も
薄い基本書
択一六法
百選
過去問

とほぼ固まってきたのであとはいかにバランスよく回していくか、効率的にとりくむか考えていきたいです。

とりあえず今はどうやって旧試上三法択一をこなすかが主眼です。
どうしても時間がかかり日々の勉強に組込み辛いです。

基本書や下三法択一はわりとさらっとこなせるのですが上三法択一だけはきてです。

ということで当面の敵は上三法択一です。

 | HOME | 

プロフィール

ゆっきー

Author:ゆっきー
H20年度未修入学
何とか論文を書けるようになるという目標をクリア。
初心の気持ちで基礎を徹底することを目標に頑張っております。
詳細はブログの運営方針に書いてます☆
法律の勉強を迷いながらもしているので、勉強法や記事にアドバイスや批判を書いていただけると嬉しいです☆
勉強中は欲を捨てて、メリハリのつけた効率の良い勉強を目指しています☆
リンクはフリーです☆
司法試験受験生ブログをお持ちの方は相互リンクしていただけると幸いです。
勉強暦
大学3年 LEC入門講座(以下岩崎先生) 先生の話に楽しみつつ法律と馴染む
大学4年~卒業1年 論基礎・択基礎 記憶主義になってわかんなくなり崩壊寸前
卒業二年 論理性の大切さに気づかされて論理の習得の努力をする・法律の情熱があまり沸かず法律の勉強から遠ざかる
未修一年 予備校本から基本書・判例百選・過去問を軸に変える・論文が書けないという悩みを克服
未修二年 授業・ゼミを中心に過去問をかじりつつ論文対策中心の勉強へ とにかく授業・ゼミがめちゃめちゃ多かった
未修三年 新司法試験対策を中心にゼミをたくさん
卒業一年 H23新司法試験受験 択一はぎりぎり合格 論文不合格
卒業二年 H24新司法試験受験 選択科目変更 問題がたくさん解けるようになり択一やらず好き勝手勉強したら 択一最低 総合成績最低・・、どうすんのどうすんの私。。
卒業三年 H25新司法試験最終合格

カウンター

最近の記事+コメント

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2008年12月 | 01月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


資格ランキング

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ

FC2ブログランキング

楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。