司法試験受験生の冒険の書

RPG風味です。司法試験合格を目指して・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未修で合格しました

2007'09.29 (Sat)

 この度、未修で私立に合格しました。

 正直、名前のいいところではありません。新司法試験合格率も30パーセントちょっとところのところです。

 それでも、私には一番あっているのではないかと感じます。

 私は、頭があまりよくないので、私立のサポートは絶対に必要だと思っていました。

 私の周りの国立・トップ私立はサポートを全くしないから、学生同士でゼミを組むしかないという現状を聞いています。

 もちろん、そこには一流の教授・質のいい学生もいるとおもいます。

 ただ、私は質のいい学生では有りません。努力に努力を重ねてなんとかやっているレベルです。質が良い人の周りにいても自分が質が良くなければレベルアップは望めません。

 それなので、たとえそのような状況ではなくても、修了後のサポートや施設がある程度良いところにしようと思っていました。

 その私立は、サポートも手取り足取りというわけでもなく、適度な感じらしいので、私自身自分なりに勉強した経歴が有りますので自分での勉強時間がほしいのでちょうどいいと感じています。

 また企業法務に特化しているところもあっているなと感じます。

 いろいろ書類を見たらもう説明会があるみたいで、勉強法の相談もしてくれ・ゼミに参加できるみたいで非常に心強いです。

 そこで、頑張ってトップ取りたいと思います。鶏口牛後が一番自分にあってます。

 私はずっとどの法科大学院に行っても合格ができるような勉強法を考えてきました。合格者が3人以上いるところならもうローで合格が左右されないと感じています。

 それなので、自分的には正直どこに行ってもよかったです。だから、名前よりも設備・サポートで選んでました。先生達は、実務家はどこにでもいるからそれで十分とも思っていましたので。質のいい学生にも興味有りません。

 このように思っていましたが、ここは自分的にもあっているなと感じていたのでこのローにいこうとは思っています。いちよう国立も受けるだけは受けますが。

 とりあえず、既習で合格したいので、まだ半分合格という感じであまり嬉しい感じでは有りません。

 既習者認定に向けて本気で頑張りたいと思います。

 それで、だめならまだまだ未熟ということで3年でやり直します。プライドなんてもうありません。

 ずっと孤独に勉強してきましたので、来年、いや来月から、裁判官・検察官・弁護士・合格者やたくさんの本に囲まれて勉強ができるのが楽しみでなりません。いろいろ聞いて人的・物的資源を使い倒したいと思っています。

 夢は合格してパンフレットにのってやることです☆多分ここならのるんじゃないですかねw

 論文が書けないという悩みからあえてどこにも行かず、二年ふらふらしましたが、答えを半分くらい見つけれています。答えを見つけるのに、二年もかかってしまいました。

 でも、これがなくてローに行ってたら本当に悲惨だったなとも感じています。多分、記憶・記憶と無茶な記憶しまくっていたでしょう。

 考え続けるとその成長はべき乗になると感じます。

 これからも考え続けて司法試験合格してやります!
スポンサーサイト

ディベートをしてみました

2007'09.13 (Thu)

小学校の英語教育の是非についてディベートをしてみました。

ディベートという形式を模索しながらしたので

とても難しかったです。

初めは何を話せばいいかわからなかったのですが、

だいぶ根本的な問題について突き詰めていけたのではないかと思います。

とにかく

根本的な背景は何かを考える(帰納的思考)

簡潔に根拠と主張で話す。複分で話さない。例えばと具体例を入れるとより効果的。

すぐ受け答えない。自分で考えて論理的に組みかえる。

それが大事なのではないかと考える。

二人で出た結論

賛成

国際化の必要性を強調する。

これからは、日本という視点で考えず、世界という視点で考えるべき。

国際的な競争力が必要。いまのままでは不十分。

反対

日本の国語力という定義を拡張し、現在は国語力はついていない。

日本の文化の精神というものが十分学べていないのに英語を早期にいれるのは疑問。

日本の文化の精神から生まれる独自の視点があることが、これからの芯の競争力につながる。


結局は、国際社会の必要性に対して、許容性があるのかとう問題に帰結しました。

つまり、日本文化の精神・国語力という面で許容性があるかという問題なのではないか。

また必要性に対しての疑問も否定派の論拠になる。

また、やってみたいと思っています。

面接補足

2007'09.09 (Sun)

頭の中でかみ砕く時自分の頭にノートがあってそれを矢印でつなぐイメージで

面接などの口頭諮問

2007'09.09 (Sun)

言われた事をかみ砕く(簡単に主語述語の形で)

頭ごなしに返答せず論理的に考える

主語述語を意識して極めて簡潔に答える。(だらだらと答えない)

目が痛いです。

2007'09.05 (Wed)

すべてがわかりかけた日から数日後、論理力というのもわかった気がします。これを表現できれば、小論文でさえ差をつけられるきがします。そういう風に見たら読みが数倍加速度をつけて読むことができました。目が痛いです。これが正しいかはわかりません。論理の追究を考えるのをやめてはダメだと思いますからまた更なる高みを目指して考えてみます。二日間小論文にも時間を割きたいと思います。多分大きく伸びそうな期待がするので。発表はまだそれが正しいかは謎なのでまだ控えます。

昨日の続き 視点

2007'09.04 (Tue)

今日は先日気づいたことに基づいて勉強しております。

そしたらブロックのキーワードの見方が大きく変わりました。

自分でもびっくりしています。

これを加工できれば相当力がつくと確信できました。

私の論文の勉強が一段階上に来た気がします。

これをあとちょっとやれるだけやってみます!

これなら苦痛は軽減される!

ただの記憶大会ではない!

これくらいの記憶なら大丈夫だ!!

この1年で日本語の見方が大きく変わりました。

それは適性試験での読解の勉強が大きく役立ったっと思っています。

読解といっても、論理なんですがね。

すんごい参考書を読み漁りましたから。

去年自分が国立でだめだった時に見つけたこと・気づけたこと

間違いではなかったんだなって思ってます!

さぁ、また修正して愚直に一歩一歩頑張るぞ!!

毎日やり続ければきっとわかってくる。

考えて修正すればきっとできる。

not 慢心 おごり 諦め 考えない

あるとき急にすべてわかる瞬間がある

2007'09.03 (Mon)

あるとき急にすべてがわかるときがある。

それは、自分が問いを発し続けたから、すべての情報がそろったから、

試験の一週間前に思いついた無常な考え

これでは論文が書けない・・・

論点キーワードの記憶・答案の丸覚え

自分には無理だった。

でもみんなが通る道だと思ってた。

だから努力した。それでいつかできると思った。

でもそれは試験前になってもできるようにはならなかった。

本番一週間を残して自分には結局すべてが浅いうろ覚えのブロックの集積だけが残った。答案の断片だけが残った

借り物の言葉を使って自分の理解が示せるはずがない。

それはただの受身の勉強。

法律は条文の適用の法解釈学。

結局は条文の趣旨要件効果。

わかっていたのに・・・

でも、答案をおさえれば何とかなるとおもっていた浅はかな考え。

それが甘えだったのかもしれない。

今気づいたから一週間後の私立には間に合わないかもしれない、修正するには時間がなさすぎる。

だから、間違った勉強を続けなければいけない苦痛。

でもやり続けなければいけないときがある

華々しく砕けなければいけないときがある。

既習で志望した以上白紙では出せない。

これは敗北宣言ではない。

今回だって本気で合格を信じてぶつかるつもり。

これがだめでも、国立がある、後期試験がある、未修で今回受かって既習者認定を勝ち取ればいい話。

今の勉強だって全く無駄じゃなかった。

だって、これがなかったんだから気がつかなかったんだから。

この勉強法でわかったこともある、理解が深まったこともある。

論証の中身だって分析できるようになった。

ただ表現ができない。それだけの話。

ローに入る前に気づいてよかった。まだ修正はぎりぎり効く。

論文はきっと記憶大会ではない。

結果的加重犯は故意犯に含まれる重い結果発生の危険性を相当因果関係の範囲で発生させた責任を問う犯罪。

これくらいの記憶力あれば充分。いやこんなにもいらないかもしれない。

私が論文を勉強して挫折したときに発した問い

また再開したときに悩み続けた問い。

やっとわかった。

論文は私が考えた十分の一も記憶がいらない試験だったんだ。

これも間違いかもしれない、

でもまた考えて修正していけばいいだけ。

間違いなく論文は書けるようになる。それだけは絶対に確実。

考えていけばきっと真理にたどり着く、自分のあった勉強法にたどり着く

漫然・受身というのは最大の敵。

「たとえばその先にあるのが下り坂だとわかっていても

それでも私は登り続ける

バカにされても・・・

不幸さえ共に・・・」(ある歌より改変)

 | HOME | 

プロフィール

ゆっきー

Author:ゆっきー
H20年度未修入学
何とか論文を書けるようになるという目標をクリア。
初心の気持ちで基礎を徹底することを目標に頑張っております。
詳細はブログの運営方針に書いてます☆
法律の勉強を迷いながらもしているので、勉強法や記事にアドバイスや批判を書いていただけると嬉しいです☆
勉強中は欲を捨てて、メリハリのつけた効率の良い勉強を目指しています☆
リンクはフリーです☆
司法試験受験生ブログをお持ちの方は相互リンクしていただけると幸いです。
勉強暦
大学3年 LEC入門講座(以下岩崎先生) 先生の話に楽しみつつ法律と馴染む
大学4年~卒業1年 論基礎・択基礎 記憶主義になってわかんなくなり崩壊寸前
卒業二年 論理性の大切さに気づかされて論理の習得の努力をする・法律の情熱があまり沸かず法律の勉強から遠ざかる
未修一年 予備校本から基本書・判例百選・過去問を軸に変える・論文が書けないという悩みを克服
未修二年 授業・ゼミを中心に過去問をかじりつつ論文対策中心の勉強へ とにかく授業・ゼミがめちゃめちゃ多かった
未修三年 新司法試験対策を中心にゼミをたくさん
卒業一年 H23新司法試験受験 択一はぎりぎり合格 論文不合格
卒業二年 H24新司法試験受験 選択科目変更 問題がたくさん解けるようになり択一やらず好き勝手勉強したら 択一最低 総合成績最低・・、どうすんのどうすんの私。。
卒業三年 H25新司法試験最終合格

カウンター

最近の記事+コメント

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2007年09月 | 10月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


資格ランキング

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ

FC2ブログランキング

楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。