司法試験受験生の冒険の書

RPG風味です。司法試験合格を目指して・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

論文の次の目標

2008'12.13 (Sat)

 前回論文が書けるようになってきたなる記事を書きました。

 しかし、それは少し論理や書き方がわかってきた。たぶんこのまま無事勉強を続けていけば本試験でも大筋はある程度かけるだろう。

 という感じです。個人的にはGからC,Dレベルに入りかけているという感じです。

 そして、やはりA答案レベルを狙っていきたいと思います。そうなるとさらなる飛躍が求められるのではと感じます。

 それは合格答案の分析などはもちろんやる予定なのですが、

 その前にこれからのしばらくの目標としては

1 大筋を把握しつつ、ポイントとなる勝負ところの理解

2 やはりさらなる基礎力の徹底、とにかくドーナツの円を作らないように見るのは内、新しいことをやるよりとにかく基礎的な論理の飛躍の徹底。→普段の論文の勉強、基本書を読む点で意識

 という感じです。まだはっきりとしたイメージは固まらないのですが、とにかくまだまだでやっと勝負できる土俵に入らせていただいたという感じです。

 とにかくより精進していきます。私の中では択一の勉強がよりシナジーとして生きるのではとはくどいですが感じています。

 またイメージが固まってきたら記事書きます。
スポンサーサイト

10から2を出すイメージ

2008'11.23 (Sun)

 昨日の続きですが、以前の自分の記事を見ていたら昔よりだいぶ論文の書き方が変わったなと感じます。

 なんとなくですが、10ある理解から2を出すイメージという感じがしました。

 すなわち、論証カードを覚えて吐き出すというのは私の中では10から10を出すイメージです、つまり、できあいの文をそのまま出すという感じでしょうか。

 それよりも、自分の10ある理解の中から2を出していくというイメージにかわってきました。同じ論証カードを吐き出すにしても似たような文を書く、この場合は理由も一つでいいのではないかと考えたりします。

 そのような意味である程度自分の理解が深まるまではそこまで論文を書かなくてもいいのではとも思います。特に統治や会社法、民訴、(個人的には民法も)は全体の理解から問われてると感じるので今は解答のある過去問を読んで理解を深める勉強が効を奏する気がします。

 このように考えると、本番にいわゆる論証カードみたいに覚えるものはものすごい少なくなる気がしています。頭からひねり出すのは、自分の頭の中にぼんやりのこっている趣旨、規範の流れ(これを正確に覚えるかはわかれますが・・)。となると本当に覚えなければいけないものは定義くらいでしょうか。まさに論文で吐き出すというより理解を示すという感じがします。

 最近のぼんやりした論文のイメージです。またどうか変わってくかわかりませんが。。

 昨日趣旨からも許容性がかけるということを知りました。やはり趣旨は大切ですね。

型にはまりすぎてるのではないか

2007'11.10 (Sat)

 今日論文の勉強をしていて思った。

 自分は型にはまりすぎてないか。

 模範とする文章に縛られすぎていないか?

 自分で文章を8割方キーワードを使い組み立てるように

 うーん・・・、まだまだ迷走中

 絶対入学までにはクリアしておかなければいけない課題であるなと思いました!

また0から論文

2007'11.09 (Fri)

 商法に本当に苦戦しています。

 とりあえず合格答案を読んでみて帰納的に合格答案をイメージしています。

 とにかく、原理原則趣旨要件効果

 自分なりに理解を自分の言葉をキーワードを使いつつ示す。

 自分に頑張れ!

昨日の続き 視点

2007'09.04 (Tue)

今日は先日気づいたことに基づいて勉強しております。

そしたらブロックのキーワードの見方が大きく変わりました。

自分でもびっくりしています。

これを加工できれば相当力がつくと確信できました。

私の論文の勉強が一段階上に来た気がします。

これをあとちょっとやれるだけやってみます!

これなら苦痛は軽減される!

ただの記憶大会ではない!

これくらいの記憶なら大丈夫だ!!

この1年で日本語の見方が大きく変わりました。

それは適性試験での読解の勉強が大きく役立ったっと思っています。

読解といっても、論理なんですがね。

すんごい参考書を読み漁りましたから。

去年自分が国立でだめだった時に見つけたこと・気づけたこと

間違いではなかったんだなって思ってます!

さぁ、また修正して愚直に一歩一歩頑張るぞ!!

毎日やり続ければきっとわかってくる。

考えて修正すればきっとできる。

not 慢心 おごり 諦め 考えない

あるとき急にすべてわかる瞬間がある

2007'09.03 (Mon)

あるとき急にすべてがわかるときがある。

それは、自分が問いを発し続けたから、すべての情報がそろったから、

試験の一週間前に思いついた無常な考え

これでは論文が書けない・・・

論点キーワードの記憶・答案の丸覚え

自分には無理だった。

でもみんなが通る道だと思ってた。

だから努力した。それでいつかできると思った。

でもそれは試験前になってもできるようにはならなかった。

本番一週間を残して自分には結局すべてが浅いうろ覚えのブロックの集積だけが残った。答案の断片だけが残った

借り物の言葉を使って自分の理解が示せるはずがない。

それはただの受身の勉強。

法律は条文の適用の法解釈学。

結局は条文の趣旨要件効果。

わかっていたのに・・・

でも、答案をおさえれば何とかなるとおもっていた浅はかな考え。

それが甘えだったのかもしれない。

今気づいたから一週間後の私立には間に合わないかもしれない、修正するには時間がなさすぎる。

だから、間違った勉強を続けなければいけない苦痛。

でもやり続けなければいけないときがある

華々しく砕けなければいけないときがある。

既習で志望した以上白紙では出せない。

これは敗北宣言ではない。

今回だって本気で合格を信じてぶつかるつもり。

これがだめでも、国立がある、後期試験がある、未修で今回受かって既習者認定を勝ち取ればいい話。

今の勉強だって全く無駄じゃなかった。

だって、これがなかったんだから気がつかなかったんだから。

この勉強法でわかったこともある、理解が深まったこともある。

論証の中身だって分析できるようになった。

ただ表現ができない。それだけの話。

ローに入る前に気づいてよかった。まだ修正はぎりぎり効く。

論文はきっと記憶大会ではない。

結果的加重犯は故意犯に含まれる重い結果発生の危険性を相当因果関係の範囲で発生させた責任を問う犯罪。

これくらいの記憶力あれば充分。いやこんなにもいらないかもしれない。

私が論文を勉強して挫折したときに発した問い

また再開したときに悩み続けた問い。

やっとわかった。

論文は私が考えた十分の一も記憶がいらない試験だったんだ。

これも間違いかもしれない、

でもまた考えて修正していけばいいだけ。

間違いなく論文は書けるようになる。それだけは絶対に確実。

考えていけばきっと真理にたどり着く、自分のあった勉強法にたどり着く

漫然・受身というのは最大の敵。

「たとえばその先にあるのが下り坂だとわかっていても

それでも私は登り続ける

バカにされても・・・

不幸さえ共に・・・」(ある歌より改変)

論文の勉強法 備忘録

2007'07.24 (Tue)

えんしゅう本・事例(長くても10分を守る)

1 えんしゅう本の逆答案化・キーワードを意識

2 カードですませれるものはカードで、えんしゅう本の論述がいいものはそちらを活用 その振り分け

注 論証カードが気に入らない場合は迷わずえんしゅう本を採用。ここで迷わない。二択に絞る。

論文基本問題120選

1 逆答案化・メリハリ

頭とのどが痛いです。

2007'07.24 (Tue)

今年は本当によく風邪を引きます。

むりをしているからでしょうか?

今日は答案構成もほとんどできず、、

ちょうどアマゾンから衝動買いしてしまった本が届いたのでそれを待ったりと読んでいました。

司法試験徹底講義 論文合格答案の基礎(ファンダメンタル)―法曹を目指すすべての方のための法解釈の論理学 司法試験徹底講義 論文合格答案の基礎(ファンダメンタル)―法曹を目指すすべての方のための法解釈の論理学
田村 智明 (2003/12)
早稲田経営出版

この商品の詳細を見る


上記の本ですが、憲法の記述まで読みました。

感想としては論証研究の一助になりました。

しっかり勉強している方には不要かもしれません。

永山先生の本と結構被っていましたが、それは本質であるからということでしょうか?

絶版になってほしくない本だと思いました。

法科大学院論文試験特有の癖

2007'05.12 (Sat)

が論文にはあるようです。

そのため、そろそろ志望校の確定の段階に来たようです。

ある程度腹は決まっているんですがね。

こういう場合はやっぱり第一希望に合わせるのが常ですよね。

とりあえず、

上三法は現行司法試験レベル
下三法は基礎レベル
を基本に頑張りたいと思います。

大丈夫、きっと何とかなる!

論文の注意

2007'05.02 (Wed)

ぶつぎりにならないように論理の流れを見る。

論点主義ではなく、なんでここが問題になるのかを常に考える。

 | HOME |  »

プロフィール

ゆっきー

Author:ゆっきー
H20年度未修入学
何とか論文を書けるようになるという目標をクリア。
初心の気持ちで基礎を徹底することを目標に頑張っております。
詳細はブログの運営方針に書いてます☆
法律の勉強を迷いながらもしているので、勉強法や記事にアドバイスや批判を書いていただけると嬉しいです☆
勉強中は欲を捨てて、メリハリのつけた効率の良い勉強を目指しています☆
リンクはフリーです☆
司法試験受験生ブログをお持ちの方は相互リンクしていただけると幸いです。
勉強暦
大学3年 LEC入門講座(以下岩崎先生) 先生の話に楽しみつつ法律と馴染む
大学4年~卒業1年 論基礎・択基礎 記憶主義になってわかんなくなり崩壊寸前
卒業二年 論理性の大切さに気づかされて論理の習得の努力をする・法律の情熱があまり沸かず法律の勉強から遠ざかる
未修一年 予備校本から基本書・判例百選・過去問を軸に変える・論文が書けないという悩みを克服
未修二年 授業・ゼミを中心に過去問をかじりつつ論文対策中心の勉強へ とにかく授業・ゼミがめちゃめちゃ多かった
未修三年 新司法試験対策を中心にゼミをたくさん
卒業一年 H23新司法試験受験 択一はぎりぎり合格 論文不合格
卒業二年 H24新司法試験受験 選択科目変更 問題がたくさん解けるようになり択一やらず好き勝手勉強したら 択一最低 総合成績最低・・、どうすんのどうすんの私。。
卒業三年 H25新司法試験最終合格

カウンター

最近の記事+コメント

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


資格ランキング

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ

FC2ブログランキング

楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。