司法試験受験生の冒険の書

RPG風味です。司法試験合格を目指して・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テスト・今年度新司追体験雑感

2009'08.09 (Sun)

 新司法試験を現在と同じ日程で追体験するというゼミに参加しているうちに成績発表というなんとまぁ考える時間をいい意味でも悪い意味でも与えさせないというか、いやはやという感じでした。

 今年度の新司法試験雑感については、とにかくまずはものすごい疲れるということ。手はがんがん痛くなるし、正直まだ全然レベルに達していないけど書くことは思いつく。それで考えて書こうとする。

 それくらいのまだまだレベルですらものすごい疲れる。いろんな意味で得たものはものすごく大きい。

 全体的な印象としては、とにかく浅く広く聞いてくるなと感じたこと。択一も論文もです。
こんなこと聞いてくるんだというところがいくつもありました。

 論文に関してはいくつか食らい付けるレベルものがあり、ローの教授達に感謝です。
意外だったのが行政法がほぼ論じうるべき点がわかったこと。
 終わった後に、みんなでこれとこれとこれが問題となってこんな感じだよねと話してたのですが、やっぱりまだ全然気づけていないところとかあるんじゃないかと思っていたのが、意外にそれで足りてそうな感じでした。もちろん、気づけただけのレベルです。

 他に現場思考の問題が多かったですね、民法や行政法、会社法の議決権のあたりとか。私はほぼあきらめがちでしたが、とにかくあそこでくらいつく位の気迫がほしかったですね。

 結局は、薄い基本書・百選・過去問・(あし別)に尽きるのではという意識が強まりました。とにかく薄くても小さくそして確実な体系を身につける努力ですね。

 これは旧試から変わっていないとは思いますが、問題からよりそのようなメッセージ性を強固に受け取れるような気がします。とにかく知識で何でも解決しちゃだめだよ、知らなくても投げ出さずに条文ひいたりして考えてみようよという感じでしょうか。

 テストに関しては、最後の最後にすごいところから問題が出たので何というか、やった!終わった!って気がしないというのが印象です。
 全体的に法律論を書くだけで満足してしまい、事実認定が足りてないなと感じました。そして、確固たる知識がないのでそろそろ択一をしなければと反省しました。
 
 テスト結果に関しては、とにかく民事系の演習科目の単位の科目一つが取れているかの一点に尽きました。

 はじめて、テストで大失敗というのをやってしまいました。これも択一的な知識がないせいです。そして、物事を知識で解決しようとしてしまいました。私は今回は特にこの分野の判例を知り尽くしているし、これは聞いたことないし判例の射程としても類推できるだろうと。
 結果、判例の射程を完全に間違い(ひきつけてしまったような気もしました)、基本的なことを優先させずにそれすら書けず、論点を完全に落としました。
 
 それに気づいたのもテスト終わってからで、テスト中は凡ミスや書けなかったことはあるにせよ概ね良好だなと感じていました。
 そんな感じで見るのもひやひやでしかも見るのも遅く、さまざまな情報が飛びかう中見たのですが、何とかぎりぎりで通してもらいました。

 いかに論理的一貫性をもって答案を書くことが大切か思い知らされました。

 この慈悲を含む結果を真摯に受け止め、とにかく自分にできていない推定を働かせ、謙虚な気持ちでテストや答案、その他勉強態度にのぞんでいこうと思いました。

 次回は夏休みの勉強について書きます。
スポンサーサイト

演習科目について

2009'05.02 (Sat)

 学年がひとつ上に上がり、基礎科目が少なくなり演習科目が初めて登場し、基礎科目より
も多くなりました。

 演習の授業でいかに司法試験的に重要な部分を必要最小限に押さえていくか

 今の私の中ではこれが問題になっています。

 演習の授業の性格はさまざまなのですが、司法試験レベルを超えることもしばしばあるなという印象です。

 もちろん、それは授業の一環としてある程度押えていく必要性はあるでしょう。

 しかし、司法試験に効率よく応用しようとするならば、ある程度メリハリをつけて勉強をしたほうがいい。

 さすがに、受けっぱなしで進み、テスト前に追い込んでなんとなく乗り切るにはすべてがもったいなさすぎるなと感じます。

 それならば、司法試験の範囲という観点から絞りをかけつつ復習をいかに効率よく行っていくかといのが最大の問題となります。

 今考えていることは、授業の終わりに簡単にメモを作る。

 今回の授業では司法試験的に何を押さえる必要があったか。
ex.定義、趣旨、要件、効果、判例、論点など

 これを紙片でもいいからとにかく簡単に書き記しておこうと思います。

 これは同時にテスト前のミニマムなまとめノートとしておおいに活躍してくれそうな気もします。

 該当基本書・肢別はできるだけ解くようにしているのですが、こういうことも新しい授業に慣れ始めてきた今始めて行こうと思っています。 

素敵な授業

2009'03.08 (Sun)

 この前民法の答案練習のゼミを受けてきました。

 そのとき、自分が大切だと思ってたこと

 論点の何が問題か、理由付けを大切に、

 ということを弁護士の先生はものすごい強調されていたので、自分と同じ考えかただなぁと思いました。

 そして、その先生の授業で親族のエッセンスがわかったきがします。

 すなわち、婚姻が解消するためには、協議でもできるが、離婚の要件が備わってないといけない。

 要件が備われば婚姻の解消という効果が発生する。

 それに伴って、付随的に親権をどうするか、財産分与、不法行為など様々な問題を処理する必要がある。

 そして、もし子供が不貞側にあいたいといった場合は、面接交渉権はそもそも子供の福祉の問題だからそれを通すべき。

 そんな感じだった気がします。

 一つのフローチャートのようにわかりやすかったです。

 さらに、債権総論の応用的な問題なんですが、授業の内容がかなりわかっていて自分も成長したなぁと感じたことです。

 たったの90分足らずで、ここまでの授業をされる弁護士の先生に感動を覚えました。事務処理能力のきわみでしょうか。

 自分の中でも得るものがものすごくたくさんありました。

久しぶりに

 もう一度受けたい授業

 という感じです。

 それを受けた後、いつも相談してくれる二人の友達に

 この前ゆっきーが話してた通りのことじゃん

 といってもらえたのも自分が勉強において弁護士が求めるものと共通の認識をもてたことが嬉しかったです。

 民法に関してだいぶ一皮向けてきたなと思います。これも、毎週頑張ってゼミで民法を頑張って、指導を受け続けたことにあります。

 といってもまだ

いきなりどの分野の論点の話をふられてもついてける

いちおうの答案の書き方がわかる

 位のレベルな気がします。 

 次は

どの分野の論点の問題提起がきちっといえる

基本的判例・基本的知識の練磨・徹底

これに尽きる気がします。

やはり、ドーナツの穴を埋める作業。頑張らねば!

基本書 択一 判例百選

2009'03.03 (Tue)

2月があっという間に終わりました。

2月・・・、後期分の基本書の通読を目標にしていましたが、ある程度読み込めました。

やはり朝から自習室にいくのが難しかったり、思った以上に読めないときがあって、

ぜんぜんだめなんじゃないかと不安になる時期もありましたが、

何とか読めたと感じるものが増えました。

3月は2月に残したものをやりつつ、

残りの履修している基本書を読み込んでいけたらなと思います。

最近判例百選は自分で読むのが一番早いと気づきました。当たり前の話かもですが…

講義をきいていきたいのですが、そこまでの余裕が最近とれません。

しかし、毎日少しは読み込んでいきたい。講義をきくのは待てない。

ということで、自分で読みましたが、意外にさくさく進むじゃん!と思いました。

この勢いで択一も少しずつつ毎日一定量をやりたいです。

TKC模試もあるので、

ということで、3月は基本書・判例百選・択一を必ず毎日少しでもやることを目標にしていきます☆

sha na na ☆


sha na na☆ - MINMI

レイトン教授と適性試験

2008'12.06 (Sat)

 先に大まじめな記事を書いた後に恐縮ですが、私的日記です。

 年末に近づき、テストやレポートなど課題が増えてきました。

 そんな中体調を崩してしまいました。こういうときどれを優先させてどれを効率よく最低限こなすべきか大事になってきますね。

 いつも論文を3通毎週書くのですが、今回はどうやって言い訳して休もうかをひたすら考えてしまっていましたが、

 なんとかこなすことができました。甘い論文になってしまいましたが・・・・。

 やはりまだ追い込みすぎて逆に効率を悪くして体調不良を巻き起こす癖があるみたいですね。

 やはり休み下手だなと自分で感じます。じっとしているのが苦手です。

 そんな中久しぶりに気を緩めてレイトン教授と悪魔の箱というのを家にあったのでやってみました。

 嘘つき問題とか適性試験で対策したなぁと懐かしい気持ちになりつつ楽しみました。

 こういうのは対策になるかと聞かれたらやっぱりなりませんが導入にはいいかもしれません。

 逆に対策をした後に受験後にやってみると理詰めで解く問題などにははまりますよ。きっと。

 久しぶりの日記テイストの記事でした。引き続きがんばっていきます。

レイトン教授と不思議な町 フレンドリー版レイトン教授と不思議な町 フレンドリー版
(2008/10/23)
Nintendo DS

商品詳細を見る
レイトン教授と悪魔の箱(特典無し)レイトン教授と悪魔の箱(特典無し)
(2007/11/29)
Nintendo DS

商品詳細を見る
レイトン教授と最後の時間旅行(特典無し)レイトン教授と最後の時間旅行(特典無し)
(2008/11/27)
Nintendo DS

商品詳細を見る

最近の日常

2008'10.12 (Sun)

 今思うと私、決行ブログの記事をチョコチョコ配信していますね。

 後期になり授業が倍以上になりましたが、不思議と前期より楽です。

 ブログも更新できる率が上がりました。

 復習が圧倒的に早くできて新しいことができたり、再復習ができたりしています。

 多分ロー生活に慣れてきたってことでしょうね。

 ここからが腕の見せ所ですね^^

 がんばるぞ!ブログも更新していけたらなと思います!

 | HOME | 

プロフィール

ゆっきー

Author:ゆっきー
H20年度未修入学
何とか論文を書けるようになるという目標をクリア。
初心の気持ちで基礎を徹底することを目標に頑張っております。
詳細はブログの運営方針に書いてます☆
法律の勉強を迷いながらもしているので、勉強法や記事にアドバイスや批判を書いていただけると嬉しいです☆
勉強中は欲を捨てて、メリハリのつけた効率の良い勉強を目指しています☆
リンクはフリーです☆
司法試験受験生ブログをお持ちの方は相互リンクしていただけると幸いです。
勉強暦
大学3年 LEC入門講座(以下岩崎先生) 先生の話に楽しみつつ法律と馴染む
大学4年~卒業1年 論基礎・択基礎 記憶主義になってわかんなくなり崩壊寸前
卒業二年 論理性の大切さに気づかされて論理の習得の努力をする・法律の情熱があまり沸かず法律の勉強から遠ざかる
未修一年 予備校本から基本書・判例百選・過去問を軸に変える・論文が書けないという悩みを克服
未修二年 授業・ゼミを中心に過去問をかじりつつ論文対策中心の勉強へ とにかく授業・ゼミがめちゃめちゃ多かった
未修三年 新司法試験対策を中心にゼミをたくさん
卒業一年 H23新司法試験受験 択一はぎりぎり合格 論文不合格
卒業二年 H24新司法試験受験 選択科目変更 問題がたくさん解けるようになり択一やらず好き勝手勉強したら 択一最低 総合成績最低・・、どうすんのどうすんの私。。
卒業三年 H25新司法試験最終合格

カウンター

最近の記事+コメント

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


資格ランキング

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ

FC2ブログランキング

楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。