司法試験受験生の冒険の書

RPG風味です。司法試験合格を目指して・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目の動かし方

2007'11.20 (Tue)

 速読について、目が痛くなって目医者に言って大変なことになったという話があります。

例としては、速読の目を早く動かすトレーニングとして、目を両端を交互に見ていくトレーニングなどでよく起こります。

これは、目を動かすときに力んでしまい、目が痛くなってしまうことが原因です。

目が痛くなってしまうくらいになってしまうのは明らかに力みすぎです。

速読を習得しても目が痛くて使えないということは絶対ありません。

速読を習得したからといって超人的に目が早く動かせるようになることはないです。

実は、私もそのように動かしてトレーニングを初めの段階はしていました。

コツとしては、速読をするときに目はかなり力まずにすいすいと自然に動かす感じです。

例えるなら、水泳のイメージです。力んで泳いでも進まないので、ある程度緩やかに力を入れつつ、泳いでいくのがベストというおと同じかなぁと思います(かなりニュアンスになってしまうのですが。。)

これも、たまに忘れます。自然にすいすいと動かしているとそれだけで目の疲れがとれるみたいです。

たまにすいすい動かすのもありだと思いました☆
スポンサーサイト

脳のギアチェンジ

2007'11.18 (Sun)

 速読について、精読とあらすじ読みの違いを前回書きましたが、それを本の中で行うことができるとさらに効率がよいです。

 つまり、速読術を本の中で使いわけるということです。前回も少し述べましたが、速読術を習得したからといってどんな本も速読で読むことはできません。

 本の内容によっては読む早さが遅かったり早かったり当然してきます。速読術を習得したからといって専門書を簡単な本と同じくらいのはやさで読むことはできません。

 それを意識して速読できることは速読する、速読してもあまり理解できないときはじっくり読む。

 斉藤孝さんの読書力では脳のギアチェンジとして取り上げられています。

 
読書力 (岩波新書)読書力 (岩波新書)
(2002/09)
斎藤 孝

商品詳細を見る


 もちろん、速読とは関係ないのですが、この意識を持っていると速読を効率よく速読を使うことができる有用です。

 特に、法律の基本書でむちゃくちゃ視野が狭くなっているので、簡単な本を常に読むようにしていると速読のやりかたを常に意識できるのでいいかなぁとおもいます。

 何事も一辺倒はよくないということなんですかね。自分も忘れないようにします。

速読には意識がすごい大切

2007'11.15 (Thu)

 速読に一番大切なことは何かと思うと一番大切なのは

「とにかく速読したい!」

「早く読もう」むしろ「早く読んでやる・読める」

という意識です。

これがかなり大切だなと最近気づきました。

つまり、速読を持っていても普段意識していなければ

速読はほぼできないということです。

もちろん、しっかりと習得した場合はある程度の速さはでます。

しかし、意識したときと比べて半分以下の速さしかできません。

習得していない場合は速読できなくなるおそれすらあります。

特に、精読メインである勉強をしていると正反対のあらすじ読みの意識を忘れてしまうし、視野が格段に狭くなります(法律書はなかなか1ページ進まないから特に)

そのため、私も普段から

「速読してやる・私は早く読めるんだ」

という意識で一般の本を読んでかなければと思いました。

トレーニングも眼の健康のために有用なので続けていきたいです。

精読とあらすじ読み

2007'11.15 (Thu)

 速読には精読とあらすじ読みがあります。

 精読というのはとにかく論理展開などを考えながら読む読み方で基本書・テスト問題を読む読み方です。

 これは、一行単位でしかできません。速読と使えるとしたら、一つの文字の認識する早さ・広さです。

例えば、

 私はおなかがすいたのでコンビニでおにぎりを買いました。

というのを、普通は

  私は おなかが 空いたので コンビニで おにぎりを 買いました。

と眼で数回にわけ追っていくのを

  私はおなかが空いたので    コンビニでおにぎりを買いました。

と二回でとらえ、認識していく方法です。上達すると一回でとらえられます。ただ、論理がしっかりしたものは接続詞を意識しなければいけないので、一回でとらえられても数回に分けて読みます。
 
 数回に分けて読むということは結局普通と何にも変わらない(ほんの多少早くなるだけ)なので、適性や法律の勉強には速読が使えないという大きな由縁となります。

速読術を持っていてもずば抜けて他の人より早く読めることはないと私は思います。というか私はできなかったです。

それこそ論理に長けている人のほうがずっと早く読めます。それか、省略しつつうまく読める人。

 これに対してあらすじ読みはだいたいなんとなくこういうこと書いてあるなという読み方です。

これは複数行いっきにとらえます。慣れてくると一ページ単位、見開き単位でとらえます。

よくテレビなどで出るぺらぺらとページをめくるように読む読み方はあらすじ読みです。

簡単な児童書レベルならもちろんしっかり内容が入りますが

新書レベルでもうしょうじきあまりわかりませんw

それをしっかりと初期の段階で教えていただいたので

教室を申し込みました。

二つを応用すると結構しっかりした読み方ができます。

まず、初めにぺらぺらとあらすじ読みをする。

これで大体のあらすじをつかむのが20%くらいのあらすじ読みの目的。

残りの80%は文字の位置を脳に認識させるためです。

どこに何が書いてあるかというのを認識すれば

二回目以降は格段に早く読めます。

よく、問題集を回すという回す段階では書いてあることなど大体頭に入っており

何回もよく読んだ本であるためどこになにが書いてあるか大体わかるので

だれでも速読が可能になります。

これを初めの段階である程度あらすじ読みで似たような効果を狙います。

そして、しっかりと精読する。

そうすれば、多少勉強にも応用が可能ではないかなと。

これも意外に忘れるんですよね。備忘録として残しておきます。

速読術習得後について

2007'11.14 (Wed)

 速読術習得後、ほっといたらずっと速読できているかといったらそうではないことに気づきました。

文字の音声化をなくすことができていたら(3ヶ月くらいかかるそうです。自分はCDや教室に通う過程で気づいたらなくなっていました。)、その後ある程度続けていれば全く文字を読むことをなくなさない限り速読能力は失われないと思います。

 つまり、速読術を習得したということです。

 しかし、速読の速さというのものはどんどん落ちてしまいます。

 気づいたら、視野も完全に狭くなっていました。

 そのため、速読術習得後には自分である程度トレーニングしていく必要があるなと思いました。(教室でもCDでもいつかはやならくなるため)

 そこで、必要だなと思ったのが

1 視野を常に広げる

2 眼筋トレーニング

3 速読をしようという意識

4 無理に早く読む

多分全部やってみても10分前後ですかね。順を追って説明します。

1 視野を常に広げる

勉強や速読の訓練をしていないと、やはり視野事態が狭くなってきてしまいます。

そのため、意識的に一目で見る文字を広げようとして読む必要が有ります。パソコンなど

2 眼筋トレーニング

これは、眼の筋肉トレーニングです。

眼にも筋肉はあります。

それを鍛えると眼が疲れにくくなったり、視力回復にも効果があったりします。

トレーニングで鍛えて維持したい眼筋は眼の持久力と眼の早さです。

私は以前は右ならずっと右に視点を併せて1分我慢するというトレーニングをしていました。

これは眼の持久力向上につながります。です。できる限り暇なときに続けなきゃなと感じます。

また、次に眼の動く早さを上げるトレーニングも必要だと思います、

これは、ものすごく簡単にできます。

本の行の横の最初と最後の文字をひたすら見ていき、次に右上の最初の文字と右下の最後の文字をどんどん右から左に追っていくというトレーニングです。

これも必要だなぁと感じます。これはできる限り毎日続けたいです。

3 速読をしようという意識

 これが正直一番大切な気がします。早く読もうという意識がないと読むものも読めないです。自分もまだ伸ばせると思うので暇を見てトレーニングしていこうかなぁとおもいます。(眼にもいいですし)

4 無理に早く読む

 これも、大切です。脳に無理な動きを強いることで負荷をかけます。それにより、より早く読めるようになると思います。

とりあえず、以上を意識して生活していきたいと思います。

勉強の合間に1~4をすることを習慣付けれたらなと思います。

速読について 速読暦と速読の効果

2007'11.13 (Tue)

速読について

適性試験のときは結構真剣にやっていたのですが、

最近は全然です。

速読術については以前から興味があり、

PCソフトで訓練したら結構実現できたので、

本格的に教室で一年くらい通っていました。

そしたら、いちよう一分一万文字以上一番やっていたときには読めたと思います。

記憶も必要で100文単語をイメージして覚えたこともありました。

速読歴としては、2年半くらいですかね。

適性試験には初め使えるのかなぁと思ったのですが、

正直あまり使えませんでした。

もちろん、普段の読みの速さはある程度あがったのですが、

想像しているほど早く読めないです。

なにより、文を一気にとらえてしまうため、論理展開がめちゃくちゃになってしまいかえってひどい事になりかねないです。(特にDNC2部)

それなので、教室に通ったり、PCソフトでの練習してまで適性試験に速読というのは個人的には時間に対して効果があまりないのでおすすめしません。

普通に毎日文字を早く読もうと意識していれば少しは早くなります。

それよりも接続詞を追って主語述語を中心に読む練習をした方が断然早いです。(費用もかかりません☆)

また、専門書も人よりは役読めるかというと本のちょっと早く読める程度です。

専門書のように知らない単語がわずか30パーセントあると速読は不可能です。

それなので、専門書を速読しようとしてもページは進みますが何言っているかわからないです。

特に論理が重要な法律書は逆にやったらやばいです。

じゃあ、全く速読術は使えなかったというとそんなことはありません。

一般書籍を読むのがものすごく早くなりました。

以前は1日かけてやっと読んでいた本が、

30分ちょっとで読めます。(もちろん初見で)

私はもともと、勉強するのはわりと好きだったのですが、本を読むのは嫌いでした。

何より時間がかかるからです。

しかし、速読術のおかげで、早く本が読めるようになりました。

それなので、今は普通の本を読むのが大好きです。

一般の人に昇格した気持ちです。

速読を初めて、本を100冊は購入して読んできたと思います。

amazonのマーケットプレイスを利用して安い本を中心に買っていますのであまりお金はかかっていません☆

速読術に出会ってなければ今の自分はなかったとは思っています。

嬉しい効果はたくさんありました。

また、速読術は試験における最後の問題集や論文など自分の知っている文字を回すとき格段に威力を発揮する気がします。

と、ここまで速読術について書いたのですが、

なんでこんなことを書いたかというと、

速読についての備忘録を残したかったからです。

いきなり、速読について書き始めるのはあまりにも意味不明でしたので経歴を残しました。

速読も技術なのでやらないと忘れてしまうんです。

それに最近気づきました。

ということで、自分なりに速読のコツを徐々にこれから書いていきます。

既に練習している方には有益かもしれません。

ちなみに私が利用していた速読教室はSP速読学院です。





SP速読学院にした理由は、通いやすいことと費用が安いこと、無料体験がありそれが感じがよかったことです。

ここに通えたことで実は速読能力の向上でなく、記憶の練習で論証が覚えやすくなったりなどしていると思います。

しっかりと通えば効果があるのは間違いないと思います。

 | HOME | 

プロフィール

ゆっきー

Author:ゆっきー
H20年度未修入学
何とか論文を書けるようになるという目標をクリア。
初心の気持ちで基礎を徹底することを目標に頑張っております。
詳細はブログの運営方針に書いてます☆
法律の勉強を迷いながらもしているので、勉強法や記事にアドバイスや批判を書いていただけると嬉しいです☆
勉強中は欲を捨てて、メリハリのつけた効率の良い勉強を目指しています☆
リンクはフリーです☆
司法試験受験生ブログをお持ちの方は相互リンクしていただけると幸いです。
勉強暦
大学3年 LEC入門講座(以下岩崎先生) 先生の話に楽しみつつ法律と馴染む
大学4年~卒業1年 論基礎・択基礎 記憶主義になってわかんなくなり崩壊寸前
卒業二年 論理性の大切さに気づかされて論理の習得の努力をする・法律の情熱があまり沸かず法律の勉強から遠ざかる
未修一年 予備校本から基本書・判例百選・過去問を軸に変える・論文が書けないという悩みを克服
未修二年 授業・ゼミを中心に過去問をかじりつつ論文対策中心の勉強へ とにかく授業・ゼミがめちゃめちゃ多かった
未修三年 新司法試験対策を中心にゼミをたくさん
卒業一年 H23新司法試験受験 択一はぎりぎり合格 論文不合格
卒業二年 H24新司法試験受験 選択科目変更 問題がたくさん解けるようになり択一やらず好き勝手勉強したら 択一最低 総合成績最低・・、どうすんのどうすんの私。。
卒業三年 H25新司法試験最終合格

カウンター

最近の記事+コメント

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


資格ランキング

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ

FC2ブログランキング

楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。